head image

 近年賃貸住宅の価格は高くなっているのではないでしょうか。家賃の予算が足りないとか、防音性の高い賃貸住宅が開いていないなどの理由で必ずしも防音性の高い賃貸住宅に入居することができないこともあるでしょう。その時に自分でできる防音対策はどのようなものがあるでしょうか。

 生活時間帯が異なるという人は注意が必要でしょう。特に単身向け賃貸住宅では普段から夜勤の仕事をしているという人も少なくないと思います。朝や日中であれば問題ないような生活音であっても、周囲の入居者が寝静まっている時間に発生すると騒音トラブルに発展してしまうかもしれません。

 簡単にできる工夫は家具の配置を変えることです。隣の部屋と生活空間がピッタリとしていると壁の厚さのみで音を塞がなければなりません。しかし壁一面に本棚を敷き詰めるなどすると擬似的に壁の厚さが増したような効果が得られます。一方ベッドなどの静かさが余計に求められるような家具は隣人の生活空間と隣接してない部分に置くことで隣人の生活音を少しでも減らすことができるかもしれません。

 防音性の高い物件を選ぶと、静かな暮らしができる以外にも室内の保温性が高まったり、隣人との騒音トラブルを未然に防ぐことができるというようなメリットがあるでしょう。近年建設が盛んなタワーマンションのみならず、多くの賃貸住宅では防音性や断熱性の高い賃貸重役の需要増から比較的壁の厚い物件が増えていると思います。いま、防音性の低い物件に住んでいるという方も、ぜひ防音性の高い物件に住んでみてその快適さを実感していただきたいと思います。物件選びのポイントとして、防音性を重要視してみることをおすすめします。

防音賃貸やペット可物件などを借りる人だけでなく、これはどんな家に住む人にとっても常識として考えるべきことですが、近隣住民との生活をより良いものにするためには、マナーを守ることが何よりも大事です。ペットを飼っていると、それだけでマナーについて問われる場面に多く直面します。その中でも音に関するマナーの問題は、多くの人が悩んでいることだと思われます。また、マナーを守ることは大事ですが、地域によってはマナーが厳しすぎる場合もあります。それに煩わされたくない人もいるでしょう。防音賃貸の需要が高まっている理由もそこにあるのかもしれません。

マナーを守って近隣住民とも穏やかに過ごし、ペットと過ごす時間をより良いものにするためには、ペットのしつけをしっかりと行うことが必要になるでしょう。むやみに鳴き声を出したり、吠えたりしないようにするなどのしつけはしておいた方が良いでしょう。老犬などの場合、痴呆などの影響で吠える回数が増えたりします。そのようなやむを得ない事情がある場合は、近隣住民へ事前に話をしておき、理解を得ておいた方が良いかもしれません。

散歩が必要なペットの場合、トイレのしつけは絶対に必要です。これはペット可物件ではよくある問題であると言われています。道路や建物の中など、公共の場所で糞尿を出してしまうと、当然マナー違反となります。トイレのしつけは早めにしておくようにしましょう。

また、ペット可物件であったとしても、入居者の中にはペットが苦手な人もいる可能性があります。理解がある人が多い賃貸であるとはいえ、配慮として、リードにつないだままにするよりも抱きかかえて歩くなどの対策が必要かもしれませんね。

住居において『防音』とは、壁やドアなどで音を伝わりづらくするよう防ぐことをさしています。
防音性が高くなればなるほど、室内の音は室外に聞こえにくくなり、室外の音が室内に聞こえてにくくなるのです。

そして『楽器可防音賃貸マンション』というのは、マンションの中の物件全体もしくは物件の中の1室が『防音室(=しっかりと防音工事が施された部屋)』になっており、かつ一定の条件下であれば居住者が楽器の演奏をしてもよいという条件を出しているマンションをさしています。


防音賃貸マンションおよび防音室を作る場合は、通常の賃貸マンションに比べて防音性を高めるための特殊な内装工事を特別に行う必要があります。

まず防音賃貸物件の構造は、比較的安く建てることができる木造・鉄骨などではなく、鉄筋コンクリートが選ばれる傾向にあります。
これは鉄筋コンクリートの物件は、一般的な他の構造の物件に比べて壁の密度が高めであるなどの理由で、物件自体の防音性が高くなるからだといえるでしょう。

そして防音室となる部屋は、壁・床・天井・ドア・窓など部屋を囲う部分全てに特殊な防音工事を行ったり、防音性が高い部材を使用したりする必要があります。
防音性が高い部材は気密性が高く厚みや重みがあったり、二重構造になったりなどで音をさえぎりやすくなっているものが基本であり、よく使われる一般的な部材よりも高額なものが多くなります。

また気密性が高いこと、換気部分から音が漏れてしまうのを防ぐため、換気部分も防音仕様の部材を使ったり工事を行う必要があるでしょう。


特に楽器の演奏音はは響きやすいため、生半可な防音工事では意味をなしません。
防音性を向上させるためには特殊な工事が必要となることから、防音賃貸マンションを作る場合には、一般的な賃貸マンションよりも費用面などのコストが高額となる傾向にあるようです。