head image

住居において『防音』とは、壁やドアなどで音を伝わりづらくするよう防ぐことをさしています。
防音性が高くなればなるほど、室内の音は室外に聞こえにくくなり、室外の音が室内に聞こえてにくくなるのです。

そして『楽器可防音賃貸マンション』というのは、マンションの中の物件全体もしくは物件の中の1室が『防音室(=しっかりと防音工事が施された部屋)』になっており、かつ一定の条件下であれば居住者が楽器の演奏をしてもよいという条件を出しているマンションをさしています。


防音賃貸マンションおよび防音室を作る場合は、通常の賃貸マンションに比べて防音性を高めるための特殊な内装工事を特別に行う必要があります。

まず防音賃貸物件の構造は、比較的安く建てることができる木造・鉄骨などではなく、鉄筋コンクリートが選ばれる傾向にあります。
これは鉄筋コンクリートの物件は、一般的な他の構造の物件に比べて壁の密度が高めであるなどの理由で、物件自体の防音性が高くなるからだといえるでしょう。

そして防音室となる部屋は、壁・床・天井・ドア・窓など部屋を囲う部分全てに特殊な防音工事を行ったり、防音性が高い部材を使用したりする必要があります。
防音性が高い部材は気密性が高く厚みや重みがあったり、二重構造になったりなどで音をさえぎりやすくなっているものが基本であり、よく使われる一般的な部材よりも高額なものが多くなります。

また気密性が高いこと、換気部分から音が漏れてしまうのを防ぐため、換気部分も防音仕様の部材を使ったり工事を行う必要があるでしょう。


特に楽器の演奏音はは響きやすいため、生半可な防音工事では意味をなしません。
防音性を向上させるためには特殊な工事が必要となることから、防音賃貸マンションを作る場合には、一般的な賃貸マンションよりも費用面などのコストが高額となる傾向にあるようです。