head image

防音賃貸やペット可物件などを借りる人だけでなく、これはどんな家に住む人にとっても常識として考えるべきことですが、近隣住民との生活をより良いものにするためには、マナーを守ることが何よりも大事です。ペットを飼っていると、それだけでマナーについて問われる場面に多く直面します。その中でも音に関するマナーの問題は、多くの人が悩んでいることだと思われます。また、マナーを守ることは大事ですが、地域によってはマナーが厳しすぎる場合もあります。それに煩わされたくない人もいるでしょう。防音賃貸の需要が高まっている理由もそこにあるのかもしれません。

マナーを守って近隣住民とも穏やかに過ごし、ペットと過ごす時間をより良いものにするためには、ペットのしつけをしっかりと行うことが必要になるでしょう。むやみに鳴き声を出したり、吠えたりしないようにするなどのしつけはしておいた方が良いでしょう。老犬などの場合、痴呆などの影響で吠える回数が増えたりします。そのようなやむを得ない事情がある場合は、近隣住民へ事前に話をしておき、理解を得ておいた方が良いかもしれません。

散歩が必要なペットの場合、トイレのしつけは絶対に必要です。これはペット可物件ではよくある問題であると言われています。道路や建物の中など、公共の場所で糞尿を出してしまうと、当然マナー違反となります。トイレのしつけは早めにしておくようにしましょう。

また、ペット可物件であったとしても、入居者の中にはペットが苦手な人もいる可能性があります。理解がある人が多い賃貸であるとはいえ、配慮として、リードにつないだままにするよりも抱きかかえて歩くなどの対策が必要かもしれませんね。