head image

 近年賃貸住宅の価格は高くなっているのではないでしょうか。家賃の予算が足りないとか、防音性の高い賃貸住宅が開いていないなどの理由で必ずしも防音性の高い賃貸住宅に入居することができないこともあるでしょう。その時に自分でできる防音対策はどのようなものがあるでしょうか。

 生活時間帯が異なるという人は注意が必要でしょう。特に単身向け賃貸住宅では普段から夜勤の仕事をしているという人も少なくないと思います。朝や日中であれば問題ないような生活音であっても、周囲の入居者が寝静まっている時間に発生すると騒音トラブルに発展してしまうかもしれません。

 簡単にできる工夫は家具の配置を変えることです。隣の部屋と生活空間がピッタリとしていると壁の厚さのみで音を塞がなければなりません。しかし壁一面に本棚を敷き詰めるなどすると擬似的に壁の厚さが増したような効果が得られます。一方ベッドなどの静かさが余計に求められるような家具は隣人の生活空間と隣接してない部分に置くことで隣人の生活音を少しでも減らすことができるかもしれません。

 防音性の高い物件を選ぶと、静かな暮らしができる以外にも室内の保温性が高まったり、隣人との騒音トラブルを未然に防ぐことができるというようなメリットがあるでしょう。近年建設が盛んなタワーマンションのみならず、多くの賃貸住宅では防音性や断熱性の高い賃貸重役の需要増から比較的壁の厚い物件が増えていると思います。いま、防音性の低い物件に住んでいるという方も、ぜひ防音性の高い物件に住んでみてその快適さを実感していただきたいと思います。物件選びのポイントとして、防音性を重要視してみることをおすすめします。